一般のみなさまへ

制度に関するお知らせ

退職者医療制度をご存知ですか?

 長年勤めた会社などを退職して国保に加入した人が、年金受給者となったとき、65歳になるまで本人とその家族がお医者さんにかかるときに適用される制度です。
 なお、65歳になると退職者医療制度の対象ではなくなり、一般の国保に加入することになります。

対象となる人

 国保に加入しており、厚生年金などの年金を受けられる人で、その加入期間が20年以上、または40歳以降の年金加入期間が10年以上ある人とその扶養家族。

対象となる日

 年金の受給権が発生した日が、退職被保険者となる日です。年金証書を受け取ったら14日以内に、保険証と年金証書を持って担当窓口に届け出てください。「国民健康保険退職被保険者証」が交付されます。

この制度は平成27年3月末で終了しましたが、引き続きそれまでの退職被保険者が65歳になるまでは、退職者医療制度の対象となります。


国保連合会とは

一般のみなさまへ

医療機関・介護福祉関係のみなさまへ