• サイトマップ
  • 文字サイズ
  • 中
  • 大

国民健康保険制度に関するお知らせ

退職者医療制度をご存知ですか?

 長年勤めていた会社や役所などを退職し、老齢年金を受けられた方は、退職者医療制度でお医者さんにかかることになります。保険証も変わりますので、次の条件にすべて当てはまる方は、年金証書を受け取ったら、面倒でも、必ず14日以内に市町担当窓口に届け出をしてください!

対象となる方は・・・

 次の全てにあてはまる方とその被扶養者が対象となります。

(1) 国保に加入している方
(2) 老人保健の適用を受けていない方
(3) 厚生年金や共済組合の老齢年金を受けられている方
 ※年金制度への加入期間が20年以上ある方、または40歳以降の加入期間が10年以上ある方が対象となります。

年金証書を受けたら届け出を・・・

 退職者医療制度の資格は、年金の受給権が発生した日からとなります。年金証書を受け取ったら14日以内に居住地の市町担当窓口に届け出て、「退職被保険者証」の交付を受けましょう。

・ 届け出に必要なもの・・・保険証、年金証書、印かん

注意 退職者医療制度は段階的に廃止されます

 平成20年4月から後期高齢者医療制度が始まることに伴い、退職者医療制度は段階的に廃止されることになりますが、経過措置として、平成26年度までの間における65歳未満の退職被保険者等が65歳になるまで存続します。65歳以上75歳未満の方の退職被保険者証は有効期限が平成20年3月末日までとなり、4月からは一般の国民健康保険となります。

国保連合会とは

  • 国民健康保険制度に関するお知らせ
  • 広報事業のご紹介
  • 健康づくりサポートコーナー
  • 高額医療保険について
  • 保健事業事例検索(保険者向け)
  • 介護サービスの苦情相談
  • 在宅保健師募集中 三重県在宅保健師の会 ひまわりの会 会員募集
  • 各種フォーマットのダウンロード